HOME組合加入案内 [加入に関するQ&A]
Loading

組合加入案内 [加入に関するQ&A]

※質問事項をクリックすると説明ウインドウが開きます。

新規加入
Q.新規加入を考えているのですがどうすればいいですか。
最終更新日:2010/08/11
 組合ホームページの「組合加入案内」にある「組合加入に関する諸規程」のページにおいて、加入申込みをされたい会員区分の「加入規程」をご確認の上、「加入申込」ページの申込フォームからお申し込みください。後日、事務局の担当者からご連絡させていただきます。

※疑問・問題が解決されない場合はこちらからお問い合わせください。
Q.保証人を依頼する予定の組合員の保証人資格の有無を知りたいのですが。
最終更新日:2010/08/11
 組合員のプライバシーに関わる情報のため、申込者からのお問い合わせにはお答えできません。直接当該組合員にお問い合わせください。

※疑問・問題が解決されない場合はこちらからお問い合わせください。
Q.古物商許可証はどこに申請すればいいですか。
最終更新日:2010/08/11
 古物商許可証は加入申込時の必要提出書類となっておりますので、取得されていない場合や個人名義で取得されている場合は、所轄の公安委員会にて、法人名義で許可申請を行ってください。

※疑問・問題が解決されない場合はこちらからお問い合わせください。
Q.加入時に必要な費用の内訳とその金額を教えてください。
最終更新日:2017/05/25
①出資金     100,000円(1口1万円、10口)
②加入保証金 8,000,000円(3年間預託)
③加入手数料 2,916,000円(平成29年度)
④賦課金      60,000円(平成29年度分)

※疑問・問題が解決されない場合はこちらからお問い合わせください。
Q.保証人、立会人、推薦人の違いを教えてください。
最終更新日:2013/10/28
<保証人について>
 保証人とは、被保証人(新規加入希望者)に対し、保証責任を持ち、加入後、被保証人が組合員としての義務を遵守するよう指導する組合員です。
 また、保証人は保証期間中(3年間)、被保証人が組合に金銭的に損害を与えたとき、かつ、前記損害を弁済できない場合には、保証金として組合に1社当たり100万円を限度に損害額を均等に分担した金額を支払うこととなっています。

<立会人について>
 立会人とは、加入希望者と面談を行い、その結果を審査機関(理事会等)において、詳細説明を行う組合員のことで、加入申込時には、加入申込者が所在する支部の支部長及び副支部長(副支部長が複数名いる場合はその内の1名)の計2名が必要となります。
 なお、立会人は保証人を兼ねることができます。

<推薦人について>
 推薦人とは、被推薦者(加入希望者)が所在する地区の理事で、加入後に組合員としての義務を遵守するよう指導する組合員のことです。
 推薦人である理事は、複数人を推薦できますが、加入希望者と必ず面接を行い、申込必要書類を精査し、組合加入に相応しい人物であると判断したときに限り推薦することができます。
 なお、推薦人が支部長或いは副支部長の場合は、立会人を兼ねることができます。また、保証人も兼ねることができます。

※疑問・問題が解決されない場合はこちらからお問い合わせください。
Q.加入申込書類の提出とともに振り込む受付手数料の金額を教えてください。
最終更新日:2014/04/01
 受付手数料は108,000円(税込)です。振込手数料は貴社のご負担にてお願いします。
 また、加入申込は、加入申込書類の提出と受付手数料の振り込みをもって受付ておりますので、ご留意ください。

※疑問・問題が解決されない場合はこちらからお問い合わせください。