HOME回胴遊商の取組み一覧
Loading

2011年10月04日

中部・北陸支部での「幼児車内放置ゼロ」巡回活動の強化について

 当組合では、長期的活動として、平成17年8月1日から、「幼児車内放置ゼロ」巡回活動を実施し、組合員各社に所属する遊技機取扱主任者等の従業員が、取引先の遊技場を訪問の際に、「ちょっとした時間」「ちょっとした注意の目」で幼児が車内に放置されていないか遊技場の駐車場を見回るもので、販売会社として業界貢献し、「子供の生命を守ろう」という趣旨で開始し、今年で7年目を迎えております。
 今年も例年どおり、5月1日から10月末日までを「強化月間」として巡回活動を実施するとともに、この期間中、猛暑の続く7月1日から8月末日までの2ヶ月間を「特別強化月間」として特に注意して巡回活動を実施しております。
 しかしながら、新聞等での報道にもあったとおり、平成23年7月25日(月)、石川県輪島市内のぱちんこ店駐車場において、車内に放置された幼女(1歳)が死亡するという痛ましい事故が発生しました。
 これを受けて、石川県を所属地域とする中部・北陸支部では、【活動強化項目】を掲げ、同支部に所属する組合員・特別会員・賛助会員に、当該活動の更なる強化をお願いしました。

新着情報INDEX