HOME回胴遊商の取組み一覧
Loading

2011年12月16日

日電協・回胴遊商が特別協賛したTBC(東北放送)ラジオ主催の「宮城県仮設住宅カラオケ歌合戦」決勝大会について

 日電協・回胴遊商は、「もう一度カラオケで歌いたい」という被災者の方の要望を受けたことをきっかけに企画された、TBC(東北放送)ラジオ主催の「宮城県仮設住宅カラオケ歌合戦」に特別協賛しました。
 平成23年12月10日(土)には、仙台市泉区の「イズミティ21」において、この日までに県内にある10ヵ所の仮設住宅から予選を勝ち抜いた出場者による<決勝大会>が開催されました。この日出場した仮設住宅代表者は、30歳代から最高齢79歳までの男女20人。ステージでは、演歌からポップスまでバラエティに富んだ曲目が披露され、会場は、手拍子あり、笑いあり、涙ありで大いに盛り上がりました。 
 また、当日は、各仮設住宅から45名の応援団も参加し、工夫を凝らした応援合戦を行ったほか、ゲストの堀内孝雄さんによるスペシャルオンステージも行われ、優勝者には、JTB旅行券、トロフィー、表彰状が贈られるとともに、優勝者が住んでいる「グリーンタウンやもと」(東松島町)には、最新型のカラオケセットが贈られました。
 ある仮設住宅自治会長さんからは、「私たちの仮設住宅には東西二つの自治会があり、それぞれ交流も希薄でしたが、予選会以後、会話も増え交流が活発になりました。明日は、2つの自治会合同でクリスマス会を行います。いい企画を提供していただいたことに感謝しています」とのコメントもいただきました。

新着情報INDEX