私たちは主にパチスロを販売する商社で組織された事業協同組合です。

KAIDOU-YUSHO Cooperative 回胴式遊技機商業共同組合

組合員専用サイトへ>>

その他2024年03月25日 611view
令和5年度 新年研修会及び懇親会開催

当組合は、令和6年1月から2月にかけて、下記の日程で新年研修会等を開催するとともに、約4年ぶりに他団体等から来賓をお招きして新年懇親会を開催しました。

新年研修会等開催日程

令和6年1月17日(水) 中部・北陸支部 組合員講習会・新年研修会・懇親会
開催場所:東京第一ホテル錦 ブリランテ 2F 出席組合員等:69社

<坂井 洋一 中部・北陸支部長 新年挨拶>
「1月1日(月)に発生しました能登半島地震の被害にあわれた方には、心よりお見舞いを申し上げ、1日も早い復興をお祈りいたします。昨年は新型コロナウイルス感染症の影響も少なく、通常の生活も戻ってまいりました。パチスロに関してはスマスロの登場により明るい兆しが見えてきましたが、我々販売会社にとっては依然厳しい状況が続いており、今年は打破できるよう努力して参ります」

中部・北陸支部の会場の様子

令和6年1月18日(水) 近畿支部 組合員講習会・支部会・新年研修会・懇親会
開催場所:ホテル日航大阪 鶴2 5F 出席組合員等:86社

<田辺 哲 近畿支部長 新年挨拶>
「この度、石川県で発生しました「令和6年能登半島地震」により被災された方々へ心よりお見舞い申し上げます。また、被災地におきまして、救援や復興支援に尽力されている方々へ深く敬意を表したいと思います。皆様の安全と一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。本日ご出席の組合員等の皆様におかれましては、日頃から組合運営にご理解・ご協力をいただき誠にありがとうございます」

近畿支部の会場の様子

令和6年1月23日(火) 関東・甲信越支部 組合員講習会・新年研修会・懇親会
開催場所:東京ドームホテル 天空 B1F 出席組合員等:195社

<家永 浩明 関東・甲信越支部長 新年挨拶>
「私たち個々の会社は、商売上はライバル関係ですが、回胴遊商という業界団体においては、一致団結して協力しなければ、私たちの職域をすべて失ってしまう可能性もある状況だと考えております。皆様のさらなるご協力が必要となります。本年も関東・甲信越支部の役員が一丸となって組合運営に取り組んで参りますので、よろしくお願いいたします」

関東・甲信越支部の会場の様子

令和6年1月26日(金) 北海道支部 組合員講習会・新年研修会
開催場所:ANAクラウンプラザホテル札幌 白樺 23F 出席組合員等:22社

<中瀬 祐詞 北海道支部長 新年挨拶>
「日頃から組合活動にご理解・ご協力いただき感謝申し上げます。今年は「令和6年能登半島地震」が発生したという大きな悲しいニュースから新年がスタートしました。遊技業界はスマート遊技機が導入され、約1年が経過し明るい兆しが見えてきましたが、まだ厳しい状況が続くかと思われます。我々役員は大饗 裕記理事長を先頭に、組合員の皆様のために全力で課題に向き合い、進んでまいりますので、今年1年間もよろしくお願いいたします」

北海道支部の会場の様子

令和6年2月1日(木) 九州・沖縄支部 組合員講習会・新年研修会・懇親会
開催場所:グランドハイアット福岡 ザ・グランドボールルーム 3F 出席組合員等:58社

<和田 茂徳 九州・沖縄支部長 新年挨拶>
「本日は、福岡県警の担当官による行政講話に続き、臨時総代会・理事会等の報告を経て、大饗 裕記理事長からご挨拶をいただきます。新年研修会後は4年ぶりに新年懇親会となります。長時間になりますが、最後までよろしくお願いいたします」

なお、九州・沖縄支部新年研修会では、福岡県警察本部 生活安全部生活保安課許可等事務担当室 課長補佐 髙野 竜馬様から行政講話を賜りました。
この講話の中で髙野 竜馬課長補佐は、業界として取り組むべき課題等として以下の3つの項目について述べられました。

1 「ぱちんこへの依存防止対策」について
2 遊技機流通制度の厳格な運用について
3 広告・宣伝の適正化について

九州・沖縄支部の会場の様子

令和6年2月2日(金) 中国・四国支部 組合員講習会・新年研修会・懇親会
開催場所:ホテルグランヴィア広島 悠久D 4F 出席組合員等:55社

<髙市 盛之 中国・四国支部長 新年挨拶>
「令和5年5月に新型コロナウイルス感染症は感染症法上の5類に変更された他、新しい時代に向けた遊技機が世の中に多数出てきました。しかし、私達最大の協力者であるホール様の営業については、解決しなければならない問題が山積しており、設備投資を含めた苦労の多い1年になる可能性が高いかと思われます。令和6年もホール様をしっかりと応援しながらお手伝いをさせていただき、堅実に過ごしていきたいと思います」

中国・四国支部の会場の様子

なお、中国・四国支部の新年懇親会では、令和6年1月1日(月)に発生した「令和6年能登半島地震」に対する募金を募ったところ、51,000円が集まりましたので、「石川県令和6年能登半島地震災害義援金」口座へ全額寄付させていただきました。

令和6年2月6日(火) 東北支部 組合員講習会・新年研修会・懇親会
開催場所:ホテルモントレ仙台 ルツェルナ 3F 出席組合員等:26社

<鈴木 正浩 東北支部長 新年挨拶>
「今年は1月1日から、能登の方で地震や、飛行機の事故等があり、大変なスタートとなりましたが、それぞれ問題を解決しながら前に進んでいきたいと思います」

東北支部の会場の様子

今回の新年研修会では、大饗 裕記理事長が全国7支部の会場に赴き、「スマスロや6.5号機は遊技ファンに支持されつつありますが、まだまだホール様に遊技ファンが戻ってこないという状況で、昨年も廃業に追い込まれる店舗が増え、一層不安になったことと思います。それを打開するためには、遊技機の性能面の問題だけではなく、ホール様の営業面の見直しが今年のキーポイントになると思っています」との年頭挨拶を行いました。

大饗 裕記理事長 挨拶

pagetop