私たちは主にパチスロを販売する商社で組織された事業協同組合です。

KAIDOU-YUSHO Cooperative 回胴式遊技機商業共同組合

組合員専用サイトへ>>

組合紹介 [委員会]

委員会

(1)遊技機流通委員会

ア 回胴式遊技機の健全な流通と適正業務の徹底

遊技機流通制度や中古機流通事業を健全かつ円滑に運用するにあたり、組合員に在籍する遊技機取扱主任者(以下、「取扱主任者」という。)には、適正かつ確実に遊技機の点検確認を実施する必要がある。その取り組みの1つとして、中古移動及び認定申請業務に従事する取扱主任者に対し、中古機流通業務技能試験(以下、「技能試験」という。)を通じて、取扱主任者としての知識や技術の向上に努めているが、今年度からは、製造業者からの協力を得ながら、遊技機の特徴や不正に関する情報も技能試験に取り入れ、より一層、組合員の取扱主任者としてのレベルを上げたい。また、講師として組合員に指導・教育している委員も受験者より高いスキルが求められるため、委員が講師として適格者になり得るよう育成していくこととしたい。

この他、不正遊技機の流通防止や不正行為の排除を目的に、不正情報を知り得た場合は、PSIOへ投稿することや設置責任の明確化における確認シールの貼付及び報告についても、支部会等で周知徹底を図り、更なる健全化に努める。また、スマートパチスロ(以下、「スマスロ」という。)の市場導入の可能性があることから、その動向を注視し、スマスロの点検確認項目等の詳細がわかり次第、速やかに組合員へ周知する。

イ 回胴式遊技機に関する情報共有と円滑な委員会運営

製造業者から提供される点検方法や不正改造事案等に関する情報は、取扱主任者の点検確認時に必要な情報であることから、情報を知り得た際は、速やかに組合員へ通達し、取扱主任者の点検確認等に関する有益な情報を発信する。特に、中古移動及び認定申請業務に従事する取扱主任者においては、日々の点検確認で前出の情報は、必要不可欠であるため、通達した内容が浸透しているか否か、その確認方法を検討していく。

また、様々な環境変化にも対応できるよう合同地区委員会や委員会メーリングリスト等で情報共有を行い、迅速に問題解決ができるよう代表委員及び支部委員の連携強化に努める。

ウ 中古移動及び認定申請業務の円滑な運用

昨年度、新型コロナウイルス感染症対策とした人流抑制に加え、中古機流通事業登録者の中古移動及び認定申請における事務作業の利便性向上及び書類発送費用負担軽減等を目的に、打刻申請や設置報告にかかる書類一式の提出をオンライン上で行えるよう「オンライン提出システム」の構築に着手した。今年度は、このシステムをできるだけ早く運用開始し、リリース後の問い合わせ等に対して、適切に対応できるように努める。

(2)総務委員会

【事業部会の活動計画】

ア ホームページ及び広報誌による広報活動の推進

今年度は、昨年度リニューアルした組合ホームページ等が効果的に機能しているかどうかを検証し、その後、各部門のより一層の充実化等について、活発に様々な議論を重ね発展させていく。また、動画による情報発信については、将来の本格化に向けてノウハウの蓄積を図りながら、昨年度同様に組合全体の社会貢献活動・環境保全活動の他に、新たに各地区の社会貢献活動や環境保全活動の模様も動画に収め、YouTubeに投稿していきたい。

広報誌の発行については、前年度同様に、1月号(新年号)を発行し、更なるペーパーレス化の推進を目指して紙媒体(広報誌)からWeb媒体(ホームページ)への転換を図って情報発信を強化していく。また、前年度に掲載した「間違い探し」のような遊び心のある記事等についても掲載を検討し、常に新しいものを目指して制作に取り組んでいく。

ギャンブル等依存症対策基本法に定められている「ギャンブル等依存症問題啓発週間」やこれに伴う業界を挙げての啓発イベント等について、組合ホームページを中心に積極的に情報発信を行い、組合員等に当該問題に対する意識をさらに高めてもらえるよう継続して取り組むこととする。

「幼児車内放置ゼロ」巡回活動に関しては、全組合員が当該活動に積極的に取り組むことができるよう、今年度も啓発ツールとしてオリジナルカレンダーを制作し、当該活動の推進をアピールする文言を継続して掲載するなど意識の高揚を図り、更に推進していくとともに、組合の内外を問わず当該活動をPRするために新たな啓発ツールの制作について検討していく。

イ 「闇スロ」への流出防止

5号機の撤去期限である令和4年1月末から数か月が経過した今、改めて撤去された5号機が回胴式遊技機を流用した賭博行為、いわゆる「闇スロ」へ意図せず流出してしまうこと及び野積み(不法投棄)を防止するため、支部会等の場を積極的に活用し、組合員が保管している5号機の回胴式遊技機を4号営業以外での使用や販売を目的としている者へ売る場合には、事前に購入者の使用する目的を確認するよう周知徹底を図る。

また、「闇スロ撲滅」についての意識の高揚をより一層推進するため、広報誌や組合ホームページを中心に組合員等に対して使用済み回胴式遊技機の適正処理のルール遵守についての啓発活動の推進を図る。

【総務部会の活動計画】

ア 定款・規約・規程の整備

変化の著しい遊技業界の動向や組合員のニーズにいち早く対応し、常に時代に即した定款・規約・規程を維持できるよう整備に努めるとともに、現行の定款・規約・規程が、今の事業運営、組織体制及び関連法令と整合性が取れているかをはじめ、時代に適合した内容になっているか等も今一度確認し、規約等改正ワーキンググループ会議と密に連携しながら、組合運営に万全を図る。

イ 使用済み遊技機の適正リサイクルの強化

令和3年4月から開始した最終機歴の把握に必要な「回胴式遊技機処理管理票」の運用の徹底を推進するとともに、5号機の回胴式遊技機の大量撤去により選定業者の処理業務が逼迫しないよう組合員に対し、自社の倉庫等に眠っている不要となった5号機の回胴式遊技機を計画的に排出するよう促し継続的な注意喚起に努める。

この他、リサイクル業者から、リサイクル選定業者への推薦依頼があった場合、多項目にわたる総合的な評価基準に基づいて、業界団体で構成するリサイクル推進委員会において確実に選定されるよう指導・助言を行い、使用済み遊技機の適正リサイクルの推進を図る。

ウ 福利厚生事業の推進

新型コロナウイルス感染症の感染状況や遊技業界の情勢等を見ながら、組合員の親睦を図るべく各種催事等の企画・立案を図っていく。

pagetop