私たちは主にパチスロを販売する商社で組織された事業協同組合です。

KAIDOU-YUSHO Cooperative 回胴式遊技機商業共同組合

組合員専用サイトへ>>

その他2022年06月16日 239view
令和4年度 通常総代会・組合大会開催

当組合は、令和4年5月24日(火)、東京ドームホテル天空において、令和4年度通常総代会及び組合大会を開催しました。

今回は、新型コロナウイルス感染症拡大防止を考慮し、出席人数を最小限にとどめるため、通常総代会後の組合大会については、総代以外の組合員・特別会員・賛助会員向けにYouTubeライブ配信形式を採用して開催いたしました。

【令和4年度 通常総代会】

通常総代会は、高山 大成理事(関東・甲信越支部長)の開会の挨拶で始まり、続いて大饗 裕記理事長が挨拶に立ち、日頃の感謝とともに組合運営への理解と協力を呼びかけました。

会場風景

大饗 裕記理事長による挨拶

通常総代会は以下のとおり進められました。

[出席状況報告]
上野 彰久事務局長から出席状況報告が行われ、総代数74社中、本人出席63社、委任状出席10社の計73社が出席しており、過半数の出席となっていることから、本総代会の成立が報告されました。

[議長選任及び議案審議]
議長の選任は事務局一任となり、(有)山本商事 代表取締役 山本 紘司氏が選任されました。
続いて議案審議に入り、山本 紘司議長より第1号議案から第7号議案までの報告が行われ、すべて原案どおり可決されました。

山本 紘司議長による議案審議

[令和4年度の活動目標]
上記の第2号議案において議決された「令和4年度の活動目標」は、以下の4点です。

(1)安全で安心な労働環境の構築を実現し、豊かな遊技環境を創造する
(2)地域の環境や時節に合わせて継続的な社会貢献活動を実践する
(3)使用済み遊技機の適正リサイクルの推進と適正処理を確実に実行する
(4)業界団体及び地域社会と連携し依存問題対策に積極的に取り組む

審議終了後、田島 一郎理事(九州・沖縄支部長)の閉会の挨拶により通常総代会は終了しました。

【令和4年度 組合大会】

通常総代会終了後、同じ会場において組合大会が開催され、以下のとおり進められました。

[行政挨拶]
警察庁生活安全局保安課課長 小堀 龍一郎様のご挨拶を保安課課長補佐 池田 雄一様が代読し、旧規則機の計画的な撤去に対する回胴遊商の取り組みについて感謝を述べられるとともに、中古機流通の安全確保ならびに依存防止対策等へのより一層の推進が呼びかけられました。

警察庁 池田 雄一保安課課長補佐による代読

[理事長挨拶]
役員を代表して挨拶に立った大饗 裕記理事長は、「先々で打刻申請書類のオンライン提出システムの運用を予定しており、これにあたってはメーカー団体、ホール団体の皆様のご理解・ご協力が必要であり、業界全体の結束が不可欠であることをご理解いただきたい。」と述べました。

大饗 裕記理事長による挨拶

[通常総代会報告]
通常総代会の結果について、議長を務めた(有)山本商事 代表取締役 山本 紘司氏から報告が行われました。

[全日遊連 阿部理事長ならびに日電協 兼次理事長の挨拶]
全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)理事長 阿部 恭久様ならびに日本電動式遊技機工業協同組合(日電協)理事長 兼次 民喜様から動画によるご挨拶を賜りました。
お二人からは祝辞をいただくともに、日頃の業界活動への積極的な協力に対する謝辞をいただきました。

全日遊連 阿部 恭久理事長による挨拶

日電協 兼次 民喜理事長による挨拶

pagetop