私たちは主にパチスロを販売する商社で組織された事業協同組合です。

KAIDOU-YUSHO Cooperative 回胴式遊技機商業共同組合

組合員専用サイトへ>>

環境2023年10月23日 279view
東北支部が東北遊商と合同で宮城県の広瀬川流域近辺で清掃活動を実施

実施日:令和5年9月23日(土)
場 所:宮城県広瀬川流域 (荒浜海岸)
参 加:回胴遊商23名、東北遊商32名

回胴遊商では、今年度も各支部において地域に根ざした環境保全活動を実施しております。
東北支部においては、9月23日(土)、東北遊商と合同で、「広瀬川1万人プロジェクト」に参加しました。
このプロジェクトは、杜の都・仙台のシンボルである広瀬川の自然環境を守り、多くの市民が親しめる広瀬川とするため、100万都市仙台の1%となる「1万人」をキーワードとして、市民・企業・行政などで実行委員会をつくり活動を展開している環境保全活動です。

過去3年間は新型コロナウイルス感染症流行の影響で、参加を見合わせたり、参加人数を制限したりしておりましたが、本年度は新型コロナウイルス感染症の感染症法上の位置付けが「新型インフルエンザ等感染症(2類相当)」から「5類感染症」に移行されたことや、ワクチン接種が全国的に浸透した現状を鑑みて、コロナ禍前と同様に人数を制限せず、また、懇親会も実施することといたしました。

当日は気持ちの良い秋晴れの中、回胴遊商からは23名、東北遊商からは32名の組合員やその家族等が参加し、10時から12時までの2時間、「荒浜海岸」でごみ拾いに汗を流しました。

清掃活動終了後、別の場所に移動し、懇親会が開催されました。回胴遊商東北支部の鈴木 正浩支部長は、「今までの清掃場所はごみが少なく、張り合いがないとの声が上がっていたため、今回は初めて広瀬川下流の荒浜海岸で清掃を行いました。この海岸は震災により、12年が経った今でも遊泳禁止となっております。沢山の思い出がある海水浴場で、早い再開を願いながら参加しました。また、清掃活動の後は交流を深めるため、両団体での懇親会が開催され、有意義な時間となりました。来年は更に多くの方に参加していただけたらと思います」と述べました。

また、参加者からは、「久しぶりの参加でしたが、今回は思ったよりごみがあり、特にプラスチック等の小さなごみが多くあったと感じました。参加した方々と一緒にごみを拾った後、綺麗になった砂浜を見て嬉しくなりました」「清掃活動を行っていることが周りの方々からも分かるように、各々回胴遊商のビブスや腕章をつけて作業を行いました。ごみの量も多く、やりがいのある活動でした」等の感想が寄せられました。

回胴遊商・東北遊商合わせて55名のボランティア参加者が集まりました

 

清掃活動を開始する前に、参加者全員で東日本大震災の犠牲者へ追悼を捧げました

 

趣旨説明を受ける様子

 

東北遊商と協力してごみを拾い集めます

 

清掃活動終了後は両団体でバーベキューを行い、懇親を深めました

pagetop