HOME回胴遊商の取組み一覧
Loading

2018年11月06日

回胴遊商が札幌市内にある児童養護施設にお菓子を寄付

 回胴遊商では、毎年、社会貢献活動の一環として、犯罪被害者への支援を目的に、「理事長杯支部対抗チャリティーゴルフ大会」を開催し、「(公財)犯罪被害救援基金」への寄付を継続的に行っており、今年も9月12日(水)、北海道において同大会を開催する予定で準備を進めておりましたが、開催直前の9月6日(木)未明に北海道胆振東部地震が発生したことから、開催を中止することといたしました。

 そこで、この大会の全参加者への参加賞として事前に用意していたお菓子130個を有効活用するため、北海道札幌市内にある「児童養護施設 柏葉荘」にすべてのお菓子を寄付することとし、10月11日(木)、北海道支部の徳山 健一支部長と宮坂 弥志副支部長が、お菓子を持って同施設を訪問いたしました。

 この児童養護施設は、地域に根ざした子育て支援の拠点としての役割を担っており、家庭の事情で保護者とともに暮らすことができない1歳から最高で20歳までの児童等が暮らしている北海道最大規模の施設です。

 訪問日の当日、施設の責任者である児童課長の高津 ひろみ様から感謝の言葉をいただきますとともに、後日、同施設の施設長である澤山 正様から、丁寧な御礼状をいただきました。

 

北海道札幌市内にある「児童養護施設 柏葉荘」
対応していただいた施設の方にお菓子を渡す北海道支部の徳山 健一支部長(右)

 

新着情報INDEX