HOME回胴遊商の取組み一覧
Loading

2019年10月09日

日電協・回胴遊商が「パチスロサミット2019in秋葉原」を開催

日本電動式遊技機工業協同組合(兼次 民喜理事長)と回胴式遊技機商業協同組合(大饗 裕記理事長)は、9月28日(土)、東京・秋葉原のベルサール秋葉原において「パチスロサミット2019in秋葉原」を開催しました。

「6号機を楽しもう!」をキャッチフレーズに迎えた当日は、好天に恵まれ、一般のパチスロファン及び業界関係者を合わせた10,398人もの方にご来場いただきました。

開会に先立ち、Pキャラや人気パチスロライターらの出演者が登場し、大勢の報道陣が見守るなか、日電協の兼次理事長、回胴遊商の大饗理事長及び協賛をいただいた日本遊技機工業組合の木岡 保雅専務理事によるテープカットが行われ、イベントはスタートしました。

左から回胴遊商 大饗理事長、日電協 兼次理事長、日工組 木岡専務理事によるテープカット

会場1階のメインステージでは、V-tuberによる出展機種の紹介やパチスロライターによるクイズ大会、パチスロの豆知識コーナー、Pキャラの椅子取り合戦などが行われ、大いに盛り上がりました。

また、地下1階では、「ウルトラ試打会」として、18メーカーから22機種の未導入機種を含む全85台(一部の機種は参考出展)を設置して、6号機の試打会を実施しました。

ホール関係者の先行入場に続いて、一般入場が始まる午後1時には、会場前に長蛇の列ができ、イベント終了まで、終日、試打会場は6号機に期待するパチスロファンの熱気に包まれました。

この他にも、会場1階では、日電協・回胴遊商による社会貢献活動を紹介するパネル展示や各メーカーのレアグッズが当たるスタンプラリーを行う一方、初めての試みとして、各メーカーのキャラクターがプリントされた「パチスロサミット2019」のオリジナルTシャツの販売コーナーを設置。

また、回胴遊商が取り組んでいる「幼児車内放置ゼロ」巡回活動から生まれた、「回胴戦隊ジュンカイジャー」の回胴遊商オリジナルLINEスタンプのダウンロードコーナーを設け、購入者には、人気パチスロライターのサインや記念撮影ができる特典もあり、多くの方にこの活動を知っていただくきっかけとなりました。

一般入場を待つパチスロファン
熱気に包まれた試打会場
日電協・回胴遊商による社会貢献活動を紹介するパネル展示

新着情報INDEX